やたら疲れる週末でした。

画像


いやぁ 土日はハードでした。  つくづく年齢を感じますね…。
土曜のスケジュールは 「運動会」 早目に出て場所取りから始まりまして 写真を撮るのにウロウロと落ち着かず移動してました。
昼飯まで食べてから メーカーの講習&サービス総会に出るため ゛山梨まで!!"

千葉を出たのが1時手前位でしたが行きは高速でささっと行く事に決めてたのでまぁ問題無く結構なペースで移動出来ました。

リサーチ不足でして150km位の距離かな?と思ってましたが 走ってみれば「200km」ほどの距離を1.5時間で^^;
目と風圧で認識するスピードと実際の速度に多少の誤差もあり 少々消耗しながらも無事に到着。  

巨乳ちゃんって 音が静かだからクルマの間を抜けていってもあんまり怒られない??
ハーレーさんだと窓あいてる車の脇を抜けてく時には気を使いますけど(俺でも耳元をあの音が走り抜けていったら間違いなく怒りますが^^)

画像


行った先は「石和温泉」にある ゛きこり" という旅館です。  元々材木屋さんが始めた旅館でして ふんだんに物凄い材料を使いながら上品に作ってある素敵な所でした。
玄関を入ると厚さ20cm程、畳三枚ほどのテーブルがど~~~んと置いてあるし、アチラ此方に流木のデカイの飾って有りました。(4.5Mの磨き流木なんてゴロゴロ置いてあるし^^)

露天風呂も、宴会場も等等 金の掛かりが半端じゃない事は素人のオイラでも一目瞭然。
イヤァ良い物観ました^^

画像


さすがに昔から枕芸者さんの沢山が居るというかの有名な温泉地でしたが 知らず現地入りしちゃったので体力温存と遠足のおこずかいを持っていきませんで 今回は参加資格が足りず此方は残念な方向でしたが^^;
しかし山梨の(石和のかな?)コンパニオンのおネェちゃんは一味違うね。 

酒はガンガン呑むし 股の間に手を入れさせて「動かしたら湿ってきちゃうから動かさないで♪」だって^^
オイラ達のような個人事業者には目も呉れず 普段抑圧されてるサラリーマン(支店長クラスに照準を合わせたら狙いを外しませんから!!  一人一人と夜の町に消えていきました^^)

23時頃まだの観たり無いオイラは浴衣に雪駄履いて表に出まして 一番近い居酒屋に。
此方は3人で呑んで居る所に 後から入ってきた二人組みは 「ストリップに行ってきたけど ババァとフィリピンのネェちゃんばっかりでガッカリだった…。」ってブーブー云ってました。(此処のストリップ小屋の名前がOS劇場^^:でした。  船橋あたりで聞いた事有るような(^^*)

その二人組みはビールと焼酎一杯ずつ 「唐揚げ」と「焼き鳥」食べてお会計が¥12000でして またまた文句云いながら帰っていきました。

お兄ちゃん呼んで「此処は浴衣料金かい??」って聞いたら 「イエイエ そんな事ないですよっ!!」て
「馬刺し」や「刺身盛り合わせ」 「焼き鳥」に「ラーメン」など。
「幾らとられるか判らんから 覚悟しとこう…。」と思いながらも酒が進むにつれ そんな事は記憶の片隅にも無く ガンガン呑み喰いしてました。

此方のテーブルのメンバーは 「二人が人相悪くて 一人が手下みたいなトリオ」だったので散々呑んで喰ったにもかかわらず 何故か 「¥10700頂きま~~~す♪」でした。  地元の人間でもそんなに安くないと思うんですが…。 
後から「人相悪いの連れてって良かった♪」って云われましたが 「アンタには云われたく無いよって」突っ込んでおきました^^;

画像


2時間ほど寝てから 胸まで浸かった酒を少しでも抜きたくて部屋風呂に入り「ア゛~~~ッ」っていいながら朝風呂
此処の旅館の内風呂は古代総檜でして湯を入れると檜のいい香りが匂い立ちます。
まぁ贅沢な朝を過ごしちゃいました。

画像


さくっと朝飯食って8時過ぎには出発して 温泉地から河口湖方面に。

勿論目的は富士山!!  こっち方面来たら富士山観無い訳にはいきません^^;

画像


少し河口湖の周りを散策して みやげ物なんぞ冷やかしましたが高速のパーキングでみんな揃うものばかり…。
観光地ですから文句言ったところではじまりませんが^^

画像


富士山に登ろうとスバルライン入り口まで云って見たのですが なにやら混んでる様で並んでる車が多数。
聞くと「ガスが出てるから あんまり見えないよ」ってイジイジしながら Uターンして北側に下って降りていきました。
富士吉田を抜けて都留市 大月市を通り20号に出まして甲州街道をひたすら走ることに。

画像


相模湖について少しバイクを降り その辺で立ちショ○ベンしながら休憩。
此処も景色が良かったです。
大きく息を吸い込んでも美味しいと感じる程のロケーションです。(ホントのところ車もガンガン走ってるから気のせいだとは思うんですけど^^)

画像


「ダム」じゃなくて「湖」だものそりゃぁ羨ましい。
千葉にも沢山そんなトコあるんだろうけど 富士山観ながら釣できるなんて羨ましい。 釣より富士山が^^
(結局富士山影も形も観ずに帰ってくることになったオイラでした…。  無念)

画像


大垂水峠です。  此処ってこんなに走りづらかったかなぁ?? やっぱり事故が多いと ゼブラやキャッツアイ設置になるんだろうけど…。  
スピード上げると気持ち悪くなる位ガタガタしますので抑制力はあるんでしょう。

高尾山 八王子と抜けるにつれどんどん信号と車が多くなり40km走行を強いられ このあたりが一番疲れました。
日野を過ぎ立川まで来た所で辛抱溜まらず 「国立府中IC」から高速乗っちゃった^^;  甲州街道制覇ならず残念。

画像


勝手知ったる 首都高速を抜けまして ムスメちゃんたち御一行が居る浅草に立ち寄りました。
もう周辺は人がごった返してまして バイクを止めるにもやっとな程に路駐してる車だらけ。
無事合流できて 写真を3枚撮って直ぐに退散しました。

錦糸町、亀戸、平井といつもの所を何時ものように通りまして 京葉道路を繋ぎ ようやく15:00頃工場に帰りまして 帰り道に230kmを7時間 (休憩1時間程度含む^^) トータル9時間総走行距離440km のツーリングが終了しました。(富士山は観れなかったけど しつこい^^;)

「BMWの水平対向ってってこんなバイクなのねぇ~~って」少し判ったし 6時間座るにはもう少しシート何とかしないとダメなのねぇ~~って 身に沁みて(尻がしみたのかも^^:)判りましたし 峠道でもソコソコ寝ていく足回り、空ければストレス無く240Kgオーバーのクソ重たい車体をぐいぐい押し出すエンジンの性格などなど 堪能できて楽しかった。
ただ高速巡航するには○50kmが精一杯でした。  (やはり乗車位置が高いから横風は苦手ですね。)
出すだけなら2○○でも出ますけど 丁度気持ち良いスピードレンジは120km位ですかね。
形はともかくツアラーな使い方の出来る優等生ですね。  
  
帰りにcoco壱でカレー食べて帰ってきて PCに写真だけ落し 気付くと21:00迄寝ちゃいました^^;

アァ疲れた。  しばらくバイク乗りたく無ぇな…。  って云いながら今日も乗っちゃいますけど^^

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック