遊びに行こうとすると 呼ばれるブログ。

画像


宮城でのかなり大変な地震がありまして 被災者の皆さんまた関係者の皆さん めげずに頑張っていただきたいとおもいます。  この場を借りでお見舞い申し上げます。

オイラはと言うと土曜日は朝からバイク乗ってまして 某マスターの現場でも覗きに行こうかと思い 御宿に向けて走っていまして(とは云っても 途中大多喜を走っているところで断水連絡が入りあえなくUターンして帰って来ましたが・・・。
ふてくされて大多喜城の下で心太(トコロテン)を食べてる時にラジオのニュースで聞きました。

画像


本当はお城に!!  とも思ったのですが ※1 修理で帰る事と ※2 5分ほど坂道をあがる事で今回はパス!!(主に※2の方が正解と思います^^;)

また機会を作っていってみたいと思います。

画像


小湊鉄道です。    なんか単線って新鮮と言うか懐かしい感じ♪

画像


この時に走ってきたのは 2両編成でしたが 1両で走ってるところなんて 可愛いんですよね^^
この時は上の写真を線路に座って撮ってる時に 丁度走ってきてパシャリと撮れました。

画像


千葉の中にも 知らない道がまだまだ有りますよ。 
ホント知らない道をクネクネ通って知ってる道に!!
知ってる道に出たらまた知らない道を探し 下道オンリーで工場迄!!

結局この日は170Km程走ってお疲れさんでした^^

画像


断水の現場は幕張でして 行って見ると全然断水してない。
それどころか原因はトイレが流れっぱなしになってる部屋があり それで止まったり動いたりを繰り返してただけ・・・。

居住者が「ワタシはポンプメーカーニ勤務シテイルノデ シロウトジャナインダヨ。 ハヤクナオシタマエ」的な連絡をしてきたようで  慌てた担当が気を利かせ&少し大袈裟に連絡してきたのが事の顛末でした。    このバカッ!!

画像


家に帰ってくると フグ越さんが父の日のプレゼント持ってきてくれました。

画像


「一本釣り!!」 です!! 一生懸命オイラの為に選んでくれたんだそうです。
大事に着るネ!!   アリガト♪

画像


ムスメちゃんがくれたのは 「お茶飲むときに使ってね♪」ってくれた タンブラー!!
これまた大事に使わせてもらうね^^


本日日曜日は昨日途中で呼び戻されて悔しかったのでどこか行こうかと思い工場に。
ビーエムさんのタペットの調整してオイルチェックしてさて出かけようかなと思ったところ メーカーの休日受付から電話が・・・。
「松戸で断水の緊急が有るんですが 本日の担当が電話に出てくれないんです・・・。  行ってももらえないですか?」って

オイラの当番の日は誰も助けてくれないのに・・・。   このバカチン!! (まぁ犯人は解っていますから 後で虐めておきますが^^;)

まぁ考えてみれば 修理でお金貰って ついでにバイクで出かけられれば一石二鳥って事でそれもまた良しかと^^
でっ松戸は二十世紀が丘まで出動。

無事修理(あんまりにも酷い状態だったので見積後の修理ですから 点検に毛が生えた程度なんですけど^^)も終わり 方角も割りと似てたので ムスメちゃん達が行ってる「浦安三社祭」を観にいく事に。

画像


バイパス道を片側潰して 山車や神輿が通りに出て来ました。   結構な人数が出てましたね。  
また神輿を担ぎ歩くにも独特な作法があるようで迫力ありました。 流石に漁師町の祭です。

画像


クリックするとデッカクなりますので ポチッとどうぞ^^

「地すり」(地面すれすれまで神輿を下ろし 揺らさずその場で一周廻すんだそうでス。)
「もみ」(豪快にもみながら一周させる) 
「差し」(頭の上まで一気にもちあげ そのまま一周) 
それに「ほおり」( 満潮のように高く差した神輿をその状態で「ヨイ、ヨイ、ヨイ」の音頭にあわせ 担ぎ手はその掛け声に続くように神輿を支えている手と逆の手で「ヨイ、ヨイ、ヨイ」と担ぎ棒を3回たたきます。 その後、すかさず神輿を上に3回ほうり受受けるんだそうです。) 

画像


人混みが苦手なオイラは 陸橋の上で撮影していて 途中少し合流しましたがさっさと帰ってきちゃいました。

画像


流石にこのサイズだと運転席に二人座れちゃいます^^;
さっさと大きくなって2ケツで遊びに行こうぜ!!  

二日でしめて300Km走ったのですが 燃費は平均15Km程度でした。
まぁソコソコ回して走ってるから 乗り方の問題だと思いますが・・・。   
今日も良く寝れそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック